プールろ過タンクの劣化


こんなに劣化していても対処可能

ろ過タンクの蓋を開けた状態です。既存ライニング層は無くなり、全面に錆が発生しております。部分的に漏水箇所も見受けられます。

蓋シール部の受け(ゴムパッキンの受け)が腐食によって鉄部がボロボロとなり、強度が出ていないことが判ります。既に、ゴムパッキンの受けとしての機能は乏しい状況です。

パット見てこの程度かと思われる方が居られるかもしれませんが、この状態でも金属部分の劣化が著しい箇所があり、板部も非常に薄くなってしまっております。

錆で穴を覆っている状態であり、鉄本来の強度が保たれていない状況です。

錆を除去していくと、穴だらけになる状況ですが、減肉の著しい箇所は、部分的に新しい鋼材に取り替えます。全ての手直しが完了致しましたら、 内外面のライニングを実施致しますので、リフレッシュ後は、新品と同等の使用感を感じれるかと思います。

年間のメンテナンスを実施している中で、ろ過タンク内に錆発生が目立ってきましたら、早目の対策を行う事で、既存タンクの 老朽度悪化を防ぎ、リフレッシュ費用も低価格となります。早目の前倒しで実施することをお薦め致します。


エポキシFRPライニングで延命作業
プールろ過タンク漏水劣化対策の内面エポキシFRPライニング補修

ろ過タンクの蓋を開けた状態です。既存の穴等を補修した後に内面をFRPライニング。

プールろ過タンク漏水劣化対策の内面エポキシFRPライニング及びパッキン取替

パッキン等周辺機器もリフレッシュすることで、新品同様に復活致しました。。


国内・国外どこへでも施工班を派遣致します。
重防蝕(重防食)の設計や施工金額の御相談は
お気軽にどうぞ。

香川県高松市田村町890番地1
TEL. 087-865-1212(代表) FAX: 087‐866-0022
Email. kawasaki@kawasaki-lining.co.jp