冷却水配管の減肉と配管ライニング工事


冷却水配管は新替えせずに配管ライニング工事を行う
冷却水配管の腐蝕状況写真(配管ライニング前)

写真は冷却水配管(SGP管)で運転していた既存配管を撤去した時に配管内面状況の写真です。 このまま放置していますと将来漏水事故に結びつくと考えます。

冷却水配管の内面状況(管更生工事前)

配管内全面にポイント的にが発生しているのが確認出来ます。全系統的に同じような状況と推定できるかと思います。
配管ライニング工事(管更生工事)は、配管内面をピグでクリーニング(腐蝕部表面をクリーニング)後に、ライニング材を配管内にを塗布することで、配管材表面を循環等水から環境遮断することで、既存配管の延命をはかります。
既存配管を使用しますので、配管替えにような大規模な建築工事を伴いませんので、短期間にて低価格の施工が可能となります。 また、溶接接続の場合の内面防食においても、溶接後に根こそぎライニングしますので新替え時に溶接線の防食に悩むこともなくなります。



国内・国外どこへでも施工班を派遣致します。
重防蝕(重防食)の設計や施工金額の御相談は
お気軽にどうぞ。

香川県高松市田村町890番地1
TEL. 087-865-1212(代表) FAX: 087‐866-0022
Email. kawasaki@kawasaki-lining.co.jp