粘着ライニング

完全に接着しない事で長期間維持

(ライニングサービス部門)
ライニング工法の川崎 接着しないライニング工法
浸透性粘性防錆シーリング材
サイトマップへ移動
粘着ライニング 粘着力で長期間状態を維持する。
防錆機能をもった液状シーリング材で、低粘度で注入しやすく施工後1日程度で粘性が増し強いゴム状流体に変わる。
施工面が濡れていても水と入れ替わって素早く浸透(ウオーターディスプレイス)します。
水を吸わず、水をはじき、酸、アルカリ、塩類に安定で、電気の絶縁体で難燃性でもあります。
パテ材としても加工ができ、マットに染み込ませると防食テープに変わります。
基本的に施工は刷毛やローラー塗りも可能。ヘラやコテにて施工することも可能
接着することでストレスが逃げず、ライニング層や接着面が破断するような箇所に有効。

(用途)
●水中構造物水中シーリング
●コンクリートクラック注入シーリング材
●シート防水の修理材
●粘着性止水材
●ペトロラタム系防錆剤の代用品
●水中に沈める電気回路の封止材、絶縁体
●着脱自在の粘性シーリング材
●鋼材の間隙腐食防止剤
管更生、  管更生概要、  配管調査業務、  漏水調査業務 
その他工事主な営業品目特殊ライニング工事トップページ 
更生インフォメーション お問い合わせ 更生次のページ
KAWASAKI CO.,LTD