埋設配管の管更生工事について(湿潤状態でのライニング)

株式会社川崎(ライニングサービス部門)
サイトマップへ移動
土中埋設配管ライニング
株式会社川崎です。赤水漏水防食対策に、管更生工事(パイプライニング)、タンク内外面ライニ ング等のライニングサービス部門、配管老朽度調査、漏水調査、ダクトクリーニング等を実施。国内外技術者派遣!「各種配管更生工事【管更生工事】 Pipe Lining.(Sand Jet&Pigging)( 給水.給湯.雑排水管.消火配管.冷温水管.ガス配管.プラント配管 .送水管 など)」..... 「各種ライニング工事 Tank Lining(濾過槽.下水処理槽.給湯及び貯水槽. 防火水槽.各種ヘッダー.井戸壁面.薬品等貯蔵タンク等.排水溝.など)」..... 「蓄熱槽の保温防水工事」..... 「重防蝕工事」..... 「配管老朽度調査業務(配管調査等)及び漏水調査.管路調査」.....
営業技術課(ライニングサービス部門) 川崎知明

埋設配管内湿潤状況での管更生工事


1.はじめに

管更生(配管ライニング)は既存配管内面のクリーニング及びライニングを実施する事で配管内面からの腐食を抑えるものです。
この方法は露出配管も埋設配管も混在でシステム全体をリフレッシュするのにとても便利な方法です。
現在、給水管、給湯管、冷温水配管、消火配管、排水管等のリフレッシュ工事に良く使用されています。
ところが、配管の布設状況、管材料の劣化状況、配管内スケール状況は様々でそれらに合わせた方法にて対応する必要があります。
ライニング方法、ライニング樹脂仕様、施工時期等を十分検討して実施する必要があります。
今回は埋設配管の更生工事について留意事項と対処についてです。

2.埋設配管の管更生

(送水管、排水管、下水道管等)
ライニング材を金属表面に塗布する場合。通常は金属表面を十分クリーニングすると同時にある程度表面を乾燥する必要があります。
(下地処理が重要です) 
埋設配管の場合、配管外面は通常土中であり、湿気に囲まれた状態となっております。
配管口径が大きくなるにつれ、配管内面堆積物や錆等は量が増え水分を多量に保水する事となります。
配管状態が悪ければ腐食による穴が管壁に生じたり、地震等により配管接続部分のずれや外れが生じたりします。
配管の勾配が狂って溜まり部分が形成されている場合があるかもしれません。
最悪の場合は、通常管内を乾燥させて使用するライニング材だけでは難しい場合も発生致します。
そこで、湿潤状況でのライニング材及びライニング方法が必要となります。

3.多目的ライニング材(湿潤状態対応材)

(R-Cライニング材)
ピンホールが管壁にあいている場合は、管内の流体(水等)が漏れ出し、配管内の水を抜くと管内に戻ってくる可能性があります。
この時水分があっても安定してライニング層を形成することでピンホールを埋めることを行います。
鋳鉄管の接合部分隙間や鋼管のフランジ接続部分の隙間も同様に樹脂が入り込み目詰めします。
また、ライニング層内面内径を一定化するライニングを実施する事で、配管内の凸凹等も樹脂でレベリングしていきます。
変に偏った腐食による配管肉厚部分低下した箇所には、その分必要なだけライニング材を充填して進行していきます。
施工後は、管内に継目が見当たらなくなるので、流体へのストレスが減り、フランジ接続部分の隙間腐食による漏水問題の予防にもなると考えます。
R−Cライニング材は高粘度ではありますが、
作業性が良くコントロールしやすいのでライニング膜厚も調整でき、配管直管のみならず曲がりがあっても施工可能です。
この湿潤状態で使用するライニング材は通常樹脂と異なり水分があってもそれらを取り込んで硬化し、ライニング層を形成するので、
水気が周辺に存在する状況でも安定したライニング層を形成すると共に、
他のライニング層を積層するための土台としても様々な樹脂材料に相性が良いものとなっています。

4.積層ライニングについて

積層ライニングは、樹脂の性て能上特異性が必要な場合や相性のいい異なるライニング材を重ねてライニングする事で、
なお一層安定したライニング層を形成す る(品質安定)と同時に施工のやりやすさ(施工速度向上)のため実施します。 
  送水管や配水管等はR−Cライニング材+エポキシライニング材(エポキシ樹脂)の組み合わせとなります。
        飲料を伴う場合はトップコートにJWWA K−135もしくはJWWA K−143品を使用することで対応します。

5.施工要領

 施工は現場状況に応じ変わりますが、基本的にピグを使用してライニングを実施。
施工するためには、既 存配管を切断して配管に入り口と出口をつくり、配管内にピグを送ることでクリーニング及びライニングを実施します。
埋設管の場合はピット作業が発生します。
●施工配管管径は50Aから600A程度。
それ以上の管径も実施可能ですが、ライニング工が管内に入り作業を実施することとなります。
●施工配管両端にランチャーキャッチャー設置(ピグ発射台)スペースが必要となります。
●配管口径同径のものを、一度にまとめて施工実施には向いていますが、配管口径が変わるものについては
その都度、機材の設置が必要となります。
●現場仮設工事及び養生を十分行えば、あまり天候に左右されません。
●配管延長上に仕切弁や空気弁がある場合は取り外しもしくは弁本体以外の駆動部を取り外す必要があります。
(樹脂を流すと中で硬化してしまうため)
●ライニング終了後、夏場は1日程度で通水可能な状況となります。
●温水を扱う場合は流体温度100℃程度実施可能
(配管保温材による外面保温実施の配管)
●下水配管のみではなく、マンホール立上がり内面の重防蝕ライニング材としても使用可能。

6.おわりに

 管更生工事で対応しなければならない物件はおおよそ、事前調査(配管肉厚検査等配管老朽度調査)が難しく、
管内がどの様な状態か把握しにくい場合が多いと思われます。
樹脂の性能に頼るだけでは無く、施工中に様々な確認事項を踏まえ、経験もいかし管内状況に応じた対処を行う必要があります。
((管更生内LINK))
●管更生工事表紙 ●管更生工事範囲 ●サンドジェット工法
●ピグ工法 ●銅管等管更生工事 ●排水管更生工事
●大口径管更生工事

目次ページへ 管更生工事ページへ

トップページ  管更生工事  管更生工事概要  配管調査業務  漏水調査業務  その他工事