塩ビ配管から赤水が!赤水対策として配管ライニングが可能です。

サイトマップへ移動

管更生

(ライニングサービス部門)
小規模の施設 一戸建 てにHIVP管を良く使用されています。
建築図面上は塩ビ管となっていますが、躯体や壁、床等と作っていく上で、部分的に、配管が コンクリート内を貫通したり、埋設したりする箇所が生じます。
これらの箇所を部分的に鋼管を使用してしのぐ場合があります。
この鋼管内の腐食(錆び発生が生じ)で、
塩ビ配管の物件なのに赤水が蛇口から出ることがあります
この赤水の原因を解消するためには、
赤水発生源の配管 をどうにかするしかありません。
しかし、小規模の施設の場合、建物の制限上、居住空間を十分に取ろうとすると、設備配管等は限られた箇所の隠れた場所に設置されることとなります。
また、大規模施設等で行われている維持管理方法、修繕時期、方法等の検討まで考える要求もされない状態が多いと思われます。
このことは、問題が発生すると対処が後手に廻る事になる上、思わぬ雑工事(ハツリ、引越し等)を生じ、給水管だけの問題が大きな工事となる傾向があります。
ある物件においては、飲料水だけ別系統で露出管にて増設し、既存管は赤水のまま放置している状況でした。
塩ビ管は 衝撃 に弱いので通常の管内クリーニング(ブラスト)では、配管が壊れてしまう。
と思われます。当然通常のやり方だと破壊してしまうかもしれませんが、
弊社では当初から塩ビ配管の改修工事を実施しております。
塩ビ配管の管更生も十分赤水対策になると考えます。
塩ビ配管の漏水においても、
管更生配管ライニング)にてライニング止水する場合があります。
これらを施工する工法として,サンドジェット工法(管更生工法)があります。
株式会社川崎お問合せ 株式会社川崎トップページへ