雑排水管の管更生工事について(FRPライニング補修)

サイトマップへ移動

株式会社川崎ロゴ FRPによる管内外面ライニング工事

株式会社川崎

排水管漏水箇所FRPライニング補修(ライニングサービス部門)


雑排水管150A穴あき漏水(水漏れ)事故の対策(パイプ内外面FRPライニング)

雑排水管SGPで布設している場合、配管腐食が著しい場合があります。
このページの写真は、デパートの埋設排水管の写真です。
機械室側の配管に穴が明き漏水していました。
漏水の穴は日々広がり、実施時には30mm程になっており通常ですと配管替えとなる状況でしょうが、
埋設深度が深いことと、地上部掘削が不可能な状況(建造物の下)であった。
たまたま漏水箇所が機械室側の配管だったので
配管内外面ライニング工事で部分処置を行うこととなりました。
配管内面腐食状態の写真
写真1:現状写真
配管減肉による穴あき状態の配管
写真2:パイプ下部穴明き状況
ライニング加工により復活した配管
写真3:パイプ内外面FRP補修状況
部分補修は配管内部及び外部にFRPライニングするものです。
となります。
区分けライン
!配管調査業務等のページへ展開します。
【管更生工事概要】  【漏水調査業務】 【トップページ】 
問合せ
KAWASAKI CO.,LTD