エポキシFRPライニングを配管内面に施す

株式会社川崎(ライニングサービス部門)
【トップページ】  【管更生工事】  【管更生工事概要】  【配管調査業務】  【漏水調査業務】 
【その他工事】 【主な営業品目】 【特殊ライニング工事】
福祉施設浴槽循環配管(塩ビ)割れ補修工事
特殊な手塗り工具を駆使して小口径継手を補修

手の入らない小口径の配管継手を部分的にライニング補修
割れた箇所を部分的に施工するので低価格で短期施工が可能

福祉施設浴室循環配管施工前割れの状況 福祉施設浴室循環配管ライニング後補修状況
福祉施設の浴槽循環配管を塩ビ配管で布設している物件において、配管立ち上がり部分に割れが生じ漏水がしょうじていた。
配管系統一式を管更生工事を実施する選択肢もあったが、幸い割れている箇所が特定できているのと、特殊工具で施工可能な領域だったので 手塗りによる部分ライニングを実施することとなった。
割れは配管円周に沿って存在するので、ライニング後引き渡し運転時に再度割れが再発する可能性が考えられたので、FRP重層で出来る限り広範囲をライニング実施した。
施工後のヒアリングにおいては、漏水が止まり問題なく運転しているとのコメントを頂いた。
使用する樹脂はJWWA品を使用し、臭いや析出物が出ない材料を選定。
お問い合わせページへ トップページへ