被服給湯銅管の漏水箇所調査は困難である。

株式会社川崎 (ライニングサービス部門)
株式会社川崎 銅管漏水問題対策(銅管腐食)について
株式会社 川崎 特殊ライニング工事
サイトマップへ移動
被服給湯銅管漏水箇所拡大写真

はじめに
現在使用されている金属配管材料は、通常の建物内での使用においては腐食・劣化は避けられないと考えなければならない。
材料においては、ムラの無い(配管厚みや材料成分等)均一な材料は製造するのが困難であり、施工状況も現場によって様々である。
その上、蛇口・弁・配管・ボルト・配管サポート材・継手など設備配管を設置する上で関わる材料においても様々なものを使用している。
設置状況においては、瞬間湯沸し機やガスコンロ、各種電気製品、土中や建物内の迷走電流等により電食が促進される場合も考えられる。
悪い条件が重なると、現在使用されている配管の推定寿命は様々な原因により極端に短命の場合があることを感じなければならない。
給湯配管、冷温水配管において、銅管を使用している物件は多数あるが、電食等と思われる漏水が生じる場合がある。
露出部分であれば、部分的に配管替えを検討すれば良いように考えるが、同じ材料で配管替えしても、 再び同じような場所にて漏水事故が生じたり、他の個所に新に漏水事故が生じたりする事が多いようだ。
特に新設後2年程度の建物埋設配管漏水問題を抱えた場合は深刻な問題となる。
新設物件なので露出管で逃げる事は許してもらえず、漏水個所を推定しながら床をハツって配管替えを極短期間にて実施する必要に迫まれる事となる。
この対応策では、施工者の負担(お金と労力)だけでなく客先にも多大な迷惑を掛けることとなる。


銅管使用での問題
埋設被服銅管漏水事故が生じた場合、被服内 を水が流れることで漏水音が生じにくく、地上より漏水調査が実施しにくい状況となる。
そこで、地上より配管管路調査実施のラインを掘削し配管取り出し部分的に調査する必要がある。
このような場合は漏水個所を確認したらすぐ復旧して他の漏水個所が無いか調査が必要で、 漏水個所が1箇所でない場合はこの繰り返しの作業で大変な時間と費用が消費されることとなる。

株式会社川崎トップページへ展開