北陸の温水プール用FRPろ過タンクの漏水事故
(エポキシ樹脂塗布しても直らない)


FRPろ過タンク割れ部地元業者補修状況
  • 施工前の客先エポキシ補修状況

    施工前の客先エポキシ補修状況

  • エポキシFRPライニング完了状況

    エポキシFRPライニング完了状況

温水プール用のFRPろ過タンクに割れが生じ、時間経過と共に割れが大きくなり、上の写真のように、客先が地元業者に応急処置を依頼して実行しました。応急処置はしましたが漏れが止まらず、割れが広がっているように感じたので弊社に連絡頂く事となりました。

現場が北国で12月末施工の為に、特殊な性能を持つライニング材を現場に持ち込み3日程で補修が完了いたしました。


老朽化したFRP製品は、あらゆるところに細かなクラックを抱えており、何かの応力によって、その割れは集合体のようになり、一気に大きな割れに成長致します。

ぱかっと!割れたら最後で、応力の与えれれる限り割れは進行致します。


割れの補修は、部分的な割れでも、全面に補修を行うのが基本となりますので、その基本に乗っ取って全面補修を提案し、翌年の営業に補修が間に合いました。

新品時の能力に戻り、ろ過性能が元通りになったとの事です。


工期と資金に大きな余裕があるのであれば、新替えも検討できますが、大体は受注生産となりますので、相当の期間営業が出来なくなることとなります。

また、機械室が狭い場合は、他の機器や配管を一旦撤去しないと新替えできない場合もあります。


ライニング工事による補修の場合は、作業員がアクセスできれば施工出来、1週間もあれば施工が完了し、施工コストも低価格となります。

国内・国外どこへでも施工班を派遣致します。
重防蝕(重防食)の設計や施工金額の御相談は
お気軽にどうぞ。

香川県高松市田村町890番地1
TEL. 087-865-1212(代表) FAX: 087‐866-0022
Email. kawasaki@kawasaki-lining.co.jp